共通点を探すのが難しいこの3つ,歴史を紐解くと盛岡との縁が見えてきます。

南部藩の時代,盛岡では能楽が盛んに行われていました。
その能楽の中でも人気の演目のひとつ「小鍛治」は日本刀が題材となっています。

また,その当時茶の湯も大変盛んでした。
南部氏に召抱えられた鋳物師が作ったのが南部鉄器です。

そんな3つを一同に集め,本物を体感できるイベントが行われます。

南部藩 親子能楽芸術体験 「小鍛治」

能楽イベントチラシ

能楽イベントチラシ

ぜひお越し下さい!

※盛岡ブランド市民推進委員会では,盛岡の魅力発信に繋がる本イベントに対し助成を行っております。