「もりおか町家物語館」開館の様子盛岡市鉈屋町に建設が進められていた、盛岡の魅力発信の新たな拠点「もりおか町家物語館」が本日、いよいよ開館(一部)しました。

盛岡市の保存建造物である「浜藤の酒蔵」などを改修するなどし、盛岡町家の雰囲気が残る地域の景観に溶け込んだ趣のある建物群。案内所となる母屋、盛岡ゆかりの人物などを紹介する「文庫蔵」、昭和30年代の盛岡をモチーフに懐かしい商店街の活気を甦らせた「大正蔵」、舞台機能を持ったホールである「浜藤ホール」の四棟があります。
(このうち「文庫蔵」と「大正蔵」は8月下旬から公開の予定です)
「懐かしの賑わいに出会う」をコンセプトに、市民の交流の場として、また地域の案内所や地域文化等の情報発信の場として、これから大いに活用されていく施設になりそうです。

皆さんもぜひ足を運んでみて下さい。
開館時間など詳しくは次のとおりです。

【開館時間】9時~19時(入館は18時30分まで)
【休館日】毎週第4火曜日(休日の場合はその翌日)と年末年始(12月29日~1月3日)
【入館料】無料※一部企画展などは有料の場合があります
【駐車場】16台
【アクセス】バス:盛岡駅前から岩手県交通「飯岡線」(所要時間約15分)で「南大通二丁目」下車、徒歩約5分。タクシー:盛岡駅前から約15分

詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.city.morioka.iwate.jp/shisetsu/bunka/kinenkan/030011.html