石川啄木記念館企画展

啄木と節子のモダニズム
~見よ、今日も、かの蒼空に飛行機の高く飛べるを。~

企画展チラシ2012年は石川啄木の没後百年に当たると同時に、妻・節子の百回忌にも当たります。

啄木は好んで洒落た絵柄の絵葉書を買い求め、友人たちに手紙を出しました。カステラなど当時としては「ハイカラ」な食べ物、ビールや煙草のような嗜好品も好んでいました。理想の「我が家」を綴った詩「家」からは、シンプルでモダンな造りに啄木があこがれていたことが分かります。また音楽も愛し、代用教員時代の教え子の送別会では、自作の歌に合わせてヴァイオリン伴奏もしています。

一方節子も、音楽と文学に親しみ、結婚後も代用教員をするなど家計を支えました。結婚式に現れない啄木については、愛の永遠性を信じていると啄木の友人たちにしたためています。最期まで、詩人としての啄木の資質と才能を深く理解し、精神的に自立していた節子は、新しい女性だったと言えるでしょう。

啄木は晩年、時代の先端である飛行機をモチーフにした詩を創作しています。困難な状況でも顔を上げ、空を見上げるように詠んだ詩「飛行機」には、新しい時代への期待と思いが表現されています。二人の願いが込められた、啄木と節子のモダニズムをどうぞお楽しみください。

開催期間

2012年10月6日(土曜日)~11月30日(金曜日)

開催場所

石川啄木記念館

開館時間
  • 4月~10月:9時~17時
  • 11月~3月:9時~16時30分
費用(入館料)

一般450円、大学生・高校生320円、中学生・小学生200円(小学2年以下無料)
※20名以上の団体割引あり。

主催

石川啄木没後百年記念事業実行委員会、石川啄木記念館

問い合わせ

石川啄木記念館
〒028-4132 盛岡市玉山区渋民字渋民9
電話:019-683-2315
ファクス:019-683-3119
→石川啄木記念館ホームページへのリンク

企画展講座

啄木記念館ラウンジにて、企画展の内容や見どころを、学芸員がスライドや資料を使って説明します。入館料で参加できます。

日時
  • 10月6日(土曜日)14時~
  • 10月20日(土曜日)11時~
  • 11月10日(土曜日)14時~