第6回 全国高校生短歌大会(短歌甲子園2011)

2011年8月19日~21日の3日間、北は北海道、南は福岡から集まった36校36チームの高校生歌人たちが熱戦を繰り広げました。

決勝は、宮城県の仙台白百合学園高校と岩手県立盛岡第三高校という、東北同士の戦いとなりました!

今大会もレベルの高い素晴らしい歌が詠まれ、充実した3日間となりました。各賞の受賞結果は以下のとおりです。(敬称略)

個人戦

最優秀
作品賞
【山梨】
甲府南高等学校 3年
内藤 瑳紀
(ないとう さき)
題「幹」 君の胸
わたしの内で鳴りしかと振り向けば
若きぶなの幹あり
優秀
作品賞
【宮城】
気仙沼高等学校 3年
今野 莉奈
(こんの りな)
題「手のひら」 手のひらに刺さった
トゲを抜くように
受信ボックス全削除して
優良賞 【茨城】
下館第一高等学校 3年
山内 佳織
(やまうち かおり)
題「幹」 たおやかなポプラの幹は
駆け抜ける少女の裸足のように
さみしい

団体戦

準決勝1 題「透明」
名前 【岩手】
盛岡第三高等学校
順序 【茨城】
下館第一高等学校
名前
根口 茜 ビー玉の中を透明にしようと
口に含んだ
味はなかった
先鋒 きみのことなんて
嫌いだ
アドレスを
透明なまま保存してをり
小川 莉奈
深田 夕紀子 冬は嫌い
でもあの空気は吸っていたい
心の底まで透明になる
中堅 透明な水底
さっと蹴り上げど
本音は
青い毛糸玉なり
中野 宏美
工藤 玲音 透明なビー玉の中
逆さまの世界は
とても輝いている
大将 透明になりゆくなかれ
夕焼けの光よ
我の血と肉になれ
山内 佳織
準決勝2 題「透明」
名前 【秋田】
秋田高等学校
順序 【宮城】
仙台白百合学園
高等学校
名前
奈良 茉梨子 くるしい夜(よ)
湯舟に沈む目をひらく
こぽり、私の
息を見たのだ
先鋒 半透明の
グラス越しの君の顔
私には少し
ゆがんでみえて
高島 さゆり
三浦 沙由里 休み時間
隣の席の君の声
きいているのは
透明少女
中堅 待っているのは
感性が透明になる一瞬
私とあなたが融け合って
宮田 結子
小野 実咲 きもちには
いろもかたちもない
だから言葉に包(くる)み
きみに手渡す
大将 君なしで
育ってしまった
この想い
ひとり飲むのは
冷めたコーヒー
佐藤 美佳子
決勝 題「門」
名前 【宮城】
仙台白百合学園
高等学校
順序 【岩手】
盛岡第三高等学校
名前
高島 さゆり この門を
通るためには必要だ
私のあこがれ
セーラー服が
先鋒 遊びから
離脱してまで帰路につく
こんな門限
友情蝕む
根口 茜
宮田 結子 夕闇に沈む
門の向こうに鬼立てる
傍らの弟と許しを乞い
中堅 心には
門番なんて必要ない
私はいろんな人に会いたい
深田 夕紀子
佐藤 美佳子 声のさざなみ寄せ返す
襟 羽根に変え
発つ門出の朝
大将 こだわりを
持っているから
大人の門潜りきれずに
つっかえている
工藤 玲音
優勝 【岩手】 盛岡第三高等学校
(工藤玲音、根口茜、深田夕紀子、大久保優衣※)
準優勝 【宮城】 仙台白百合学園高等学校
(宮田結子、佐藤美佳子、高島さゆり)
第三位 【茨城】 下館第一高等学校
(山内佳織、小川莉奈、中野宏美)
第三位 【秋田】 秋田高等学校
(小野実咲、奈良茉梨子、三浦沙由里)
審査員特別賞 【福島】 郡山女子大学付属高等学校
(荒明祐莉、飯村ゆかり、久下千穂)
話題賞 【山梨】 甲府南高等学校
(内藤瑳紀、寺本百花、本山まりの、小野すみれ※)

※印は補欠登録選手です。

特別審査員小島ゆかり賞

【茨城】
下館第一高等学校 3年
中野 宏美
(なかの ひろみ)
題 「秋」 国境の無き白地図を
見つめてる
祖父の瞳の中に秋風

石川啄木賞

【宮城】
気仙沼高等学校 3年
山内 夏帆
(やまうち かほ)
題 「翼」 東北の空に
天使はうずくまる
「翼があっても奇跡は起きない」
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 盛岡ブランド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.