第3回 全国高校生短歌大会(短歌甲子園2008)

2008年8月21日~23日の3日間、全国から集まった高校生歌人たちが熱い戦いを繰り広げました。

決勝は、県外からの参戦校、富山と愛媛の戦いとなりました!各賞の受賞結果は以下のとおりです。(敬称略)

個人戦

最優秀
作品賞
【秋田】
秋田高校
清野 絵理
(せいの えり)
題 「城跡」 城跡や空の役目は
少年に何問われても
答えないこと
優秀
作品賞
【茨城】
下館第一高校
上形 智香
(かみがた ちか)
題 「あこがれ」 あこがれの型をぬいたら
君になる
笑顔明るく低めの声の
優良賞 【福島】
葵高校
佐藤 萌美
(さとう もえみ)
題 「あこがれ」 僕を見て
あこがれという 人達よ
あこがれの僕は 仮面の僕だ
優良賞 【愛媛】
伊予高校
鈴木 仁美
(すずき ひとみ)
題 「あこがれ」 あこがれの啄木さんに
会いに来た
うちも岩手で 歌人 気どるけん

団体戦

準決勝1  題「足跡」
名前 【富山】
魚津高校
順序 【埼玉】
星野高校
名前
寺島 薫 田の上に足跡ひとつ
その中で
しっぽをゆらす
小さな命
先鋒 足跡は
波(だれ)に消される
こともなく
わたしのうしろに
残るのでしょう
小野田 美咲
高山 裕次 砂場にて
つけた足跡努力なら
後ろの尻跡油断の証
中堅 ぬかるんだ道で
後ろを振り返る
散らばる足跡
同じものなし
深谷 ちひろ
早川 晃央 文芸で我が残せし足跡の
全てに人の
やさしさありき
大将 今までは形も行方も同じもの
これから先は、
違ってゆくね
池山 沙希
準決勝2 題「足跡」
名前 【愛媛】
伊予高校
順序 【岩手】
盛岡第一高校
名前
木原 勇志 砂場にて
ほんとの自分知りたくて
靴をはかずに足跡つける
先鋒 雨上がり
校庭に散る足花弁
気利かせ 添えた
両手花弁
白澤 夏鈴
福島 ひかり 勝ちたいっ!
私の願い叶ったの
足跡たくさん
つけてたからかな
中堅 足跡が二つ並んだ初雪に
覗く地面が
にくたらしくて
内宮 康貴
鈴木 仁美 この場所に私の居所
無いはずだ
だから足跡はグリグリつける
大将 雪の上
父の足跡を踏んで追う
サイズは合わない
歩幅も違う
戸舘 大朗
決勝 題「嘘」
名前 【富山】
魚津高校
順序 【愛媛】
伊予高校
名前
寺島 薫 走り去る
手を伸ばしても掴めない
君を見た冬
あの蜃気楼
先鋒 父さんが
彼女とどうなんニヤニヤと
強がる嘘が口から漏れる
木原 勇志
早川 晃央 富山にて売らるる
岐阜産
「ふるさと牛乳」なんて
ひどいじゃないか
中堅 嘘や嘘!
なんであたしがこの場所で
ライトあびつつ
短歌よんどん?
福島 ひかり
高山 裕次 君(うそ)のこと
何度嫌いと言ったっけ
だけど今だけ頼れる味方
大将 「ごめんねえ」
心の中で ぽっつり と、
あやまりながら
母に嘘吐(つ)く
鈴木 仁美
優勝 【富山】魚津高校
(寺島 薫、早川 晃央、高山 裕次)
準優勝 【愛媛】伊予高校
(木原 勇志、福島 ひかり、鈴木 仁美)
第三位 【埼玉】星野高校
(小野田 美咲、深谷 ちひろ、池山 沙希)
第三位 【岩手】盛岡第一高校
(白澤 夏鈴、内宮 康貴、戸舘 大朗)
審査員特別賞 【茨城】下館第一高校・館チーム
(大和田 麻未、富田 恭佑、池田 由樹)
話題賞 【宮城】小牛田農林高校
(菊池 美幸、黒澤 茜、佐々木 有紗)

※話題賞は、交流会でのわんこそば大会で56杯(3分間、女の子3人で)を平らげたということで授与されたものです。

自由競技優秀作品賞

【愛媛】 伊予高校
顧問 森本 潔(もりもと きよし)
教え子よ
短歌を競え 盛岡で
私は楽しむ 東北の旅
【茨城】 水戸葵陵高校
鈴木 さとみ(すずき さとみ)
うすまったアイスココアを
飲みながら
君来るまでの時間も飲みこむ
【青森】 弘前中央高校
斎藤 真美(さいとう まみ)
「何か用?」
言ってやるんだ いじらしく
君から電話が来たらの話
【静岡】 暁秀高校
顧問 勝俣 文子(かつまた ふみこ)
失恋の翌日
勤務はツライから
いつもと違う香水つける

特別審査員小島ゆかり賞

【秋田】 秋田高校
清野 絵理(せいの えり)
題 「城跡」 城跡や空の役目は
少年に何問われても
答えないこと

石川啄木賞

【滋賀】 河瀬高校
中村 瑞穂(なかむら みずほ)
題 「いのち」 今は亡き
母の愛した朝顔に
「行ってきます」と走りゆく朝
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 盛岡ブランド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.